売れっ子になる一番の近道

「いつぐらいからオーディションを受けていいのでしょうか」

新人MCちゃんをレッスンしていると
よくこんな質問を受けます。

今すぐ!です。チャンスがあれば今すぐ。
よし!明日から受けていいよ!
というタイミングは永遠にやって来ません。

ところが意外にもためらう人が多いです。
まだ自信がないから、とか。
どうせ受からないし、とか。

いやいや
新人のころなんで落ちて当たり前なんですよ。
へたっぴでいいんです。
へたっぴで勝負すればいいんです。
必ずしも上手な人が受かるのではありません。
「魅力的な人」が受かるのです。

受かるつもりで行くから凹むんです。
例え受からなくても
行くだけで大きな収穫があるんです。

オーディションを受ける、という経験そのもの。
自分を調える、という緊張感。
ライバルたちの様子。その立ち居振舞い。
他の人の自己PR。原稿読みの実力。
客観的に自分をジャッジされる喜びと悔しさ。

こんないい勉強の機会はありません。
10回落ちても30回落ちても行くんです。
ただレッスンを受けているだけでは
永遠にデビューはできないのです。

オーディションほど
「参加することに意義がある」
ものはありません。
早くクライアント様に選んでもらうためには
ジャッジされるステージにどんどん果敢に立つこと。

その過酷な経験の積み重ねこそが
売れっ子MCへの一番の近道なのです。

関連記事

  1. ビックカメラ礼賛 vol.1

  2. 才能の生態系

  3. 日本を代表する詩人と共演

  4. つまり、何が言いたいか

  5. SNSで出会っても

  6. なぜその仕事を選んだの?

  7. 相手が知らないことを話す時

  8. 言った言わない の怪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。