相手が知らないことを話す時

これはよくあるシチュエーションで
ぜひ気をつけたいことです。

例えば
ハワイ好きなあなたが
ハワイ未経験の人に
ハワイの魅力を話すとします。

聞いてくれる相手が
「わ!いいなーもっと聞きたい!」
という温度なら続ければいいし
「ふーん…」
という感じなら即終わり。

相手の温度を見ながら話しましょう。
人は自分に関係ない話は聞きたくないのです。

話が面白くない人は
その温度を読むことをせず
自分の話したいことを延々と続ける傾向があります。

結果
「あの人の話はつまらない」
「あの人は空気を読まない」
というレッテルを張られてしまいます。

自分が一方的に気もちよく話すことが
会話上手ではないのですよ。

関連記事

  1. 信頼関係 構築法①

  2. 【話し方の真実】セミナー&勉強会解説

  3. 売れっ子になる一番の近道

  4. 滑舌の誤解

  5. 数字のマジックに惑わされるな

  6. リピートになる人、ならない人

  7. 伝えるスキルは財産になる

  8. 春。自己紹介を営業ツールにする

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。