才能の生態系

「なんで司会の仕事してるの?何がきっかけ?」
と、ときどき聞かれます。

理由はひとつではないように思うので
その時思いついたものを言うことが多いのですが。


考えてみると「THE・司会」をはじめてやったのは、中2の時でした。
全校行事の文化祭で、各クラスの合唱やら演劇やらの発表の進行。
男の子の生徒と2人で「THE・ 司会」しました。

たしか担任ではなかった先生から
「文化祭の司会やってね」と指名されたように思います。

生徒会などもやっていませんでしたから
たぶん大抜擢だったのだと思います。

そんな話を
大学生、高校生のお子さんをもつお母さんとしていたところ
「うちの子はそんな先生に当たらなかったわぁ。
 よくタレントさんも『あの時の先生のおかげで』なんて言ってるわよね」と。


今はどうなんでしょう。

幼稚園のおゆうぎの発表会でも、全員が主役だったり。
リレー選手の選抜があると、親同士でひともんちゃくあったり。

あらゆるところで平等、公平が求められているらしいので、
もし先生が「この子はこれに向いているな」と思ったとしても、
抜擢、という形はなかなか取りにくいのかもしれません。

でもそれは・・・
とても残念なことではないでしょうか。


伸びそうな芽は伸ばす。
そのための肥料をやる。


妙な平等感覚や、余計な過信は
才能の生態系をわざわざ壊しているのかもしれません。

関連記事

  1. SNSで出会っても

  2. 表に出すことの大切さ

  3. おもしろい仕事とは

  4. 売れっ子になる一番の近道

  5. リピートになる人、ならない人

  6. 言った言わない の怪

  7. つまり、何が言いたいか

  8. 質問は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。